スター ウォーズ パルパティーン

ウォーズ パルパティーン

Add: ruvyj21 - Date: 2020-12-13 22:13:10 - Views: 2577 - Clicks: 7719
/4244193294 /109-517d1fd6 /183-3303e8ac5c0c3 /3/f40f517cc7

. 『スター・ウォーズ エピソードⅦ:フォースの覚醒』が公開される以前は、パルパティーンは完全に死亡したと思われていました。 ですが、スノークというキャラクターが登場してから、状況は大きく変わってきます。. 05 山崎 『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』、皇帝パルパティーンの復活の理由がついに明らかに!. プレイガスを殺害する直前に、パルパティーンは若いザブラクの少年をイリドニアの家族のもとから連れ去り、シスとしての訓練を始めていた。シスがザブラクを弟子に選んだことは前例がないわけではない。太古の昔、ザブラクの武勇に気づいていたシスはイリドニアと価値ある接触を行い、法外な報酬でザブラクを傭兵として雇っていたのだ。そのため、シスの文化が滅びて久しい時代にも、ザブラクの文化にはシスの影響が残されていた。ザブラクには大きな苦痛に耐える力が備わっていたのだ。だが、若いモールにはパルパティーンの非情な訓練に対する準備ができていなかった。それでもモールは師に絶大な尊敬の念を抱いており、完璧な忠誠を誓っていたのである。 やがて、モールの最後の試練のときが訪れた。パルパティーンは彼を辺境の隔離された惑星へと送り出し、そこで1ヶ月にわたって彼をアサシン・ドロイドの標的とさせたのである。そして最後の日、モールは洞窟の入り口で待っていたパルパティーンを発見する。モールは数日間飲まず食わずで疲れきっていた。それでもパルパティーンはモールに戦いを挑み、モールはなす術なく敗れてしまう。パルパティーンは無様な弟子を見下ろし、モールがこの様では別の弟子を用意するしかないと語った。するとモールは激怒し、殺意を持ってパルパティーンに襲い掛かった。パルパティーンは油断したが、モールの武器を取り上げる。だが、モールは素手でも攻撃を続け、最終的には敗れたが、あわや師の腕に噛み付こうかという勢いだった。この結果に満足したシディアスは、モールに修行の終わりを告げ、彼がシス卿であると宣言したのである。 シディアスの計画は極めて複雑であり、無意識に動いてくれる手駒がその計画に気づいたり、あるいは干渉したりすることを決して許さなかった。その点でダース・モールは優れた道具だった。彼はシディアスの真の計画に対するあらゆる障害を排除するため、密かな暗殺者として銀河系の各地に派遣されることになる。一例として、最終目標を実現させるため、シディアスはモールに銀河系で最大の犯罪シンジケートであるブラック・サンを攻撃させた。シス卿は周到に準備した計画を彼らに台無しにされることを懸念していたのだ。. ナブー危機以降の10年間、パルパティーン最高議長はシスの暗黒卿であることを隠し通し、共和国の公益に仕える奉仕者として高い評判を築き上げていった。この間、パルパティーンはアナキン・スカイウォーカーとの交友を深めた。彼はスカイウォーカーのことをジェダイ評議会のグランド・マスター・ヨーダすら凌ぐ、今まで出会った中で最も才能溢れるジェダイだと評価して褒め称えた。マスター・ケノービのパダワンとして訓練を積んでいたスカイウォーカーは、パルパティーンの称賛を額面通りに受け入れ、自分を評価してくれないマスターに対し不満を募らせるようになった。いずれはスカイウォーカーをダークサイドに転向させようと考えていたパルパティーンは、自尊心をくすぐることでこの若きジェダイの信頼を勝ち取ろうと企んでいたのである。 ダース・モールを失ったシディアスは、新しい弟子をとる必要に迫られた。彼は、かねてから付き合いのあったジェダイ・マスター・ドゥークーをシスとして訓練することに決めた。ドゥークーはジェダイ・オーダーを離れ、故郷セレノーで伯爵の称号と資産を相続した。シス卿ダース・タイラナスとなったドゥークーは、亡きジェダ. 『 スター・ウォーズ 』の映画で描かれた物語とは主に、『エピソード1/ファントム・メナス』(1999)に始まったパルパティーンの陰謀、すなわち帝国を設立して銀河を独裁下に置き、シスの暗黒卿としてジェダイを根絶やしにし、もう一度シスの時代を.

そ れならレイとはひ孫くらいの年齢差ではな. パルパティーン皇帝(スター・ウォーズシリーズ sf、ファンタジー、ホラー)の新品・未使用品・中古品なら、ヤフオク! シディアスの指示の下、ドゥークーは共和国からの独立を望む数千の星系をまとめあげ、独立星系連合を形成した。トレード・フェデレーションを始めとする多くの企業が、ドゥークー伯爵率いる連合軍にバトル・ドロイドを提供した。分離主義運動の勢いが増す中、ジェダイだけでは銀河系の平和を維持することは出来ないと判断され、元老院では軍隊創設法案についての話し合いが始まった。 パルパティーンの跡を継いでナブー代表議員になったパドメ・アミダラは、軍隊創設法案に反対の立場を取っていた。ヌート・ガンレイによって雇われた賞金稼ぎのザム・ウェセルは、反対票を投じるためコルサントにやって来たパドメ・アミダラ議員の命を狙い、彼女の宇宙船を爆破した。この事件を受け、パルパティーン議長は投票を延期し、ナブー危機でアミダラと共に戦った過去を持つオビ=ワン・ケノービやアナキン・スカイウォーカーに議員の身辺警護を任せた。2度目の暗殺計画が阻止された後、アミダラは安全のため故郷ナブーに戻ることになり、スカイウォーカーが彼女に同伴した。その後、ふたりは密かにスカイウォーカーの出身地であるタトゥイーンへ赴いた。スカイウォーカーはタ. スノークの正体はパルパティーンのクローン?【スターウォーズ7,8,9】 映画「スターウォーズエピソード9スカイウォーカーの夜明け」にて、パルパティーンが、 自身が生み出したヒューマノイド型エイリアンである とスノークの正体について話しています。. 人間の男性、シーヴ・パルパティーンは、84 BBYにミッド・リムの惑星ナブーに生まれた。彼は政治家としてのキャリアを歩み、銀河共和国の元老院でナブーを代表する元老院議員になった。ある時期、シスの暗黒卿“賢人ダース・プレイガス”に師事したパルパティーンは、ダース・シディアスというシスの名前を手に入れた。伝説によると、シディアスの師匠であるプレイガスは、ミディ=クロリアンに影響を与えることで死を免れる術を手に入れたと言われていた。フォースのダークサイドに関し、学べるだけの全てを学び取った後、シディアスは眠っているプレイガスを殺害した。 シス卿であることを世間から隠したシディアスは、ジェダイ・オーダーを滅ぼし、共和国にとって代わる新シス帝国を創設するというシスの古くからの計画を実行に移し始めた。シス・アプレンティスを探していたシディアスは、惑星ダソミアへ赴き、ダソミリアンのナイトシスター、マザー・タルジンと対面した。彼は、自らが持つフォースのダークサイドの知識と、タルジンが持つナイトシスターの魔術の知識を融合させた。シディアスはタルジンを弟子にすると約束したが、最終的に彼女を裏切り、彼. See more results.

パルパティーン1(Palpatine)は、ダース・シディアス2(Darth Sidious)の名でも知られた、銀河共和国最後の最高議長にして銀河帝国の初代皇帝。シス卿のオーダーに属す暗黒卿で、歴史上最も強力なシスとして記録されていた。彼は共和国やジェダイ・オーダーを内部から解体し、1,000年に渡って. パルパティーン(Palpatine)、またの名をダース・シディアス(Darth Sidious)は、聡明なシスの暗黒卿で、銀河帝国の初代皇帝を務めた人間の男性である。彼はマスターのダース・プレイガスを殺害し、銀河共和国の最高議長に成り上がり共和国を内部崩壊させ、ダース・ヴェイダーを作り上げた. 共和国グランド・アーミーとして採用され、後に帝国軍のストームトルーパー部隊の中核となるクローン軍の創設に関しては謎が多いが、一般にはジェダイ評議会の元メンバーで、ドゥークーの親友でもあったマスター・サイフォ=ディアスの発案であると考えられている。他のジェダイたちに幻滅していたドゥークーは、サイフォ=ディアスにだけは多くを打ち明けていた。しかし、ドゥークーの幻滅が深まるにつれ、サイフォ=ディアスの困惑は増していった。彼は暗黒の時代の到来を予見していたが、ジェダイ評議会がそれに対してほとんど対策を講じていなかったのだ。そこでサイフォ=ディアスはパルパティーンに、闇の到来によって共和国の運命が危機に瀕していること、そしてジェダイがその事実から目を背けていることを相談する。彼らは混乱を避けるため、平和に慣れきった共和国に警笛を鳴らさぬよう、秘密裏に行動する必要があるという認識で一致した。パルパティーンはジェダイに何も告げず、未来の共和国を守るべき大規模なクローン軍の開発を依頼するため、サイフォ=ディアスを遺伝子工学に長けたカミーノアンの元へ派遣したのである。 しかし、シディアスはサイフォ=ディアスが沈黙を守れるとは考えていなかった。そのため、シディアスは彼を殺害させるためにドゥークーを送り込み、ドゥークーは一切躊躇することなくかつての親友を殺害したのだった。これによって彼はシスが求める古代の契約を満たし、ダークサイドに祝福されたのである。シディアスは彼にシスの名、ダース・ティラナスを与えた。一方で、クローン計画はそのまま進んでおり、ティラナスがサイフォ=ディアスの役割を引き継ぐことになる。計画の第一段階は成功し、ジェダイはそのことにまったく気づいていなかった。サイフォ=ディアスは口を封じられるまで、誰にも計画のことを口外していなかったのだ。この状態を保つため、ドゥークーは惑星カミーノの情報を、シディアスがシスにとって潜在的な価値があると判断した他の37の星系(ダゴバやドロマンド・カスなど)と共に、ジェダイ公文書館から完全に消し去ったのだった。 ティラナスの次の任務はクローン軍のためのDNA提供者を探すことだった。いずれはシスの敵と戦うことができるよう、彼らのテンプレートとなる人物には高い闘争本能と卓越した訓練、そして経験が必要だった。シディアスは新しい弟子にこうした基. 人気SFシリーズ『スター・ウォーズ』のエピソード3『シスの復讐』にて、実はダークサイド(シス)であることが判明したパルパティーン. パルパティーンはダース・シディアスとしての素性を慎重に隠しつつ、若いときから政治家としてのキャリアを歩み始めた。ナブーでは12歳から20歳までの間、公共の奉仕に就くことが義務付けられており、彼もこの流儀に従って政治の世界へ足を踏み入れたのである。しかしナブーの多くの人々とは異なり、彼は通常許容される以上の年齢になるまで政界にとどまっていた。彼はナブーの地方政界に入り、さらに上を目指したのである。だが、実際には当選よりも落選することが多く、一連の政治的地位をことごとく逃していったのだった。 やがて、銀河元老院でナブーを代表するヴィダー・キム議員がエアスピーダーに乗った正体不明の狙撃犯によって暗殺されると、30歳のパルパティーンは彼の後継者として立候補した。このとき、ナブーの人々は、彼をナブーとチョーメル・セクターの他の35の提携惑星を代表するセクター議員に選んだのだった。この暗殺事件にパルパティーン、プレイガス、あるいは他の仲間が関わっていたかどうかは不明である。しかし、この事件で利益を得たのはパルパティーンだけだった。 スター ウォーズ パルパティーン 多くの腐敗した議員が数々の不正を行い私腹を肥やしているなか、パルパティーンはコルサントの元老院を蝕むあらゆる疑惑や汚職から一線を画していた。彼は物静かで口数も少なく、野心や狡猾さとは無縁の政治家だったのだ。彼の有益な助言や聡明な政策はときとして政敵たちをも懐柔し、やがて彼自身も議会で一目置かれる存在となったのである。 ヤヴィンの戦いの33年前、シディアスの影の同盟者ウィルハフ・ターキン副総督は、彼の故郷エリアドゥで開催された通商サミットで、シディアスの画策した通商連合重役会の虐殺に加担した。このサミットを主導する通商連合を襲撃した海賊もパルパティーンが黒幕であり、その結果、ヌート・ガンレイが連合の総督として権力を得たのだった。 その直後に、パルパティーンはネビュラ・フロントによってアーガウ銀行から盗まれたとされる700万クレジットを秘密裏に動かし、ヴァローラム家の口座へと送金した。同時に、パルパティーンの補佐官セイト・ペスタージは、この不正な金の動きがフィニーズ・ヴァローラム議長の政敵によって暴かれるよう手配する。そして、オーン・フリー・ター議員が内政委員会でこの事実を暴露し、これによってヴァローラムの権力は極めて不安定な状態へと陥ったのだった. 今日はスターウォーズ! パルパティーンの正体と詳細が・・・・ サブチャンネルを登録する↓ com/channel/UCe. . シスの暗黒卿ダース・シディアスは強力なフォース=ユーザーだった。フォース・ライトニングの使い手だったシディアスは、敵を殺すだけでなく、拷問の手段としてもその力を使用していた。また、彼はテレキネシスにも精通していた。ヨーダとの戦いにおいて、彼は元老院議事堂のポッドをフォースの力で持ち上げ、器用かつ正確に操っていた。また、第2デス・スターでルーク・スカイウォーカーと対面した際には、指を上げただけでスカイウォーカーの手錠を外した。惑星マンダロアでは、テレキネシス能力で数名のマンダロリアンを絞殺し、ダース・モールとサヴァージ・オプレス両名の動きを封じた。 ダース・シディアスは未来の予見能力にも秀でていた。彼はしばしばこの能力を利用して計画を実行に移し、予見したとおりに物事を進めていた。また、シディアスは自分の内側にある闇を長年にわたってジェダイから隠し続けていた。シディアスの力は、ジェダイの予見能力を曇らせ、未来の予測を困難にするほど絶大だった。シディアスはシス魔術に関する知識も備え、バルク語の呪文を唱えることが出来、古代のシス語についても知識があった。他にも、シディアスはマインド・トリックの技を使うことが出来た。 年老いてひ弱な外見をしていたシディアスだったが、ライトセーバーの腕前は相当なもので、当時の最も優れた決闘者のひとりだった。元老院の執務室でジェダイと戦った際、彼は当時最強のライトセーバー剣士として知られていたエージェン・コーラーとサシー・ティンらをあっという間に倒し、手ごわいキット・フィストーも続けて殺害した後、メイス・ウィンドゥとの一騎打ちに臨んだ。その後、シディアスはヨーダとも互角の戦闘を繰り広げたが、最終的にライトセーバーではなくフォース・パワーを使った戦いに発展した。シディアスはフォースによる攻撃を織り交ぜた極めて攻撃的な戦闘スタイルを使い、フォースで剣さばきを加速させていた。この技術のおかげで、彼は3人の熟練したジェダイ・マスターを同時に相手にし、わずかな動きだけで勝利を収めることが出来たのである。シディアスの剣技は荒々しい攻撃と致命的で精密な攻撃の組み合わせから成っており、彼を止めることはほぼ不可能だった。 通常、シディアスは1本のライトセーバーで戦ったが、彼は二刀流戦術にも精通していた。彼は猛烈でかつ流れるような戦闘スタイルを使用し、ダース・.

映画『 スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け 』には、予告編でもすでにその声が聞かれるように、 ダース・シディアス 卿としても知られる皇帝 パルパティーン が再登場した。前作『最後のジェダイ』()の時点では多くの人が予想しなかった. スターウォーズのパルパティーンってめっちゃ有能じゃね? 引用元: 映画好き名無し /10/25(木) 12:29:51. スターウォーズ9パルパティーンは生きていた? 過去の経緯まとめ! スターウォーズ9の予告編の最後の笑い声や、レイが赤いライトセイバーを手にした姿などから、パルパティーンが生きて最新作に登場するのではないかという説をご紹介してきました。. パルパティーン皇帝/ダース・シディアスの最新情報やグッズ、動画、キャラクター詳細情報が満載。パルパティーン皇帝/ダース・シディアスは悪賢く強大な邪悪の化身。シスを復活させ、ジェダイ・オーダーを滅ぼした。スター・ウォーズ公式.

「スターウォーズ9」でパルパティーンはなぜ復活したのかという理由を実際に映画を見てきたネタバレも含めてご紹介します。 「スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け」が12月20日についに公開!. See full list on starwars. SCREEN11月号で募集した〝スター・ウォーズ総選挙〞にハガキやWeb、Twitterでたくさんのご回答をいただき、ありがとうございました。まずはキャラクター部門から発表! 今回は、第30位〜11位の結果をご紹介します。みなさんのスター・ウォーズ愛たっぷりのコメントとともにお楽しみください。 パルパティーンはクローンなのか? 新しい「スター・ウォーズ」のユニバースは古いeuと多くの意味において異なるが、『エピソード9』が類似の. シリーズ完結編『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』(エピソード9)のj・j・エイブラムス監督が、主人公レイの出自についてなぜ. 3 【スターウォーズエピソード9ネタバレ】レイの正体や両親が何者かが衝撃的だった! 4 【スターウォーズエピソード9】レイや両親の正体・パルパティーンとの関係に対する観客の感想は? 5 まとめ. スターウォーズ.

パルパティーン”という図式でストーリーが展開されてきた。ルークもアナキンもパルパティーンと対決していただけに、レイの祖父がパルパティーンであれば、今までシリーズで. スターウォーズエピソード9ネタバレです。レイがパルパティーンの孫だと言ってますがエピソード3あたりの設定ではアナキンとパルパティーンは親子ほどの年齢差だったと思いますが. 若き日のパルパティーンに関する正確な情報を得ることは難しく、したがって彼がいかにしてシスとなったのか、どのようにしてフォースのダークサイドに魅入られたのかは完全に謎である。しかし、どういうわけか彼のフォース感知能力はジェダイ・オーダーに気づかれることがなく、代わりにムーンのシスの暗黒卿、ダース・プレイガスの関心を引いたのだった。プレイガスはパルパティーンの資質を慎重に見極め、彼をシス・オーダーのカルトへと招き入れた。そして、ダース・ベインの時代からの伝統に従い、プレイガスは彼にダースを冠するシスの名前を与えたのである。パルパティーンはシス・アプレンティス、ダース・シディアスとなったのだ。 ダース・シディアスは何十年にもわたってプレイガスの下で修行を行ったが、それがいつから始まり、いつ終わったのかを示す証拠は一切残されていない。その間、プレイガスはシディアスにダース・ベインの伝統に則った訓練を与え、ベインの時代について記録された数多くのシス・ホロクロンを与えたのだった。ジェダイはこれらのホロクロンが聖堂の公文書館に保管されていると誤解していたが、それらは精巧に造られた偽物であり、シスに関する誤った情報が記録されていた。その後、本物と偽物のホロクロンがそれぞれ誰の手に渡ったのかは分かっていない。 プレイガスの下で、シディアスはシスの歴史を深く学び、古代シス卿やベインをはじめとする最近のシス卿に関する知識を身につけた。ベインの教えはオーダーの基本を顕著に表したものであり、プレイガスの教えは厳しいものだった。だがその結果、パルパティーンはベイン以来最強の暗黒卿の1人となったのである。. スターウォーズ/ ブラックシリーズ スター ウォーズ パルパティーン フォースfxライトセーバー エリートモデル: パルパティーン ダース・シディアス : ハズブロが展開するブラックシリーズの「フォースfxライトセーバー」。.

ダース・プレイガスは不老不死の研究に取り付かれていた。彼は禁じられた教えを探求し、死に瀕した者を救える、あるいは死んだ者を蘇らせることさえできる知識を手に入れようと考えていたのだ。ジェダイとシスは共に何千年にもわたって死から逃れる方法を追及してきたが、いずれも成功を見なかった。ダース・サイオンやダース・アンデデューといった最強の古代シス卿たちがこの秘密を掴んでいたとされるが、それらは既に失われていた。その後、プレイガスは無から新しい生命を作り出すという究極の秘術の研究に着手する。そしてついに、プレイガスはミディ=クロリアンに影響を与え、フォースそのものから直接生命を生み出す実験について、シディアスに語ったのだった。プレイガスはこうしてできた子供に驚異的な潜在能力があるはずだと考えていたのだ。 シディアスは即座にプレイガスの真意を疑った。彼の目的は新しい弟子を作ることであり、自分とその子供を置き換えるつもりであると考えたのだ。シディアスはプレイガスから学べるだけのことを学び、既に密かに自分の弟子ダース・モールを準備していた。その直後、彼は寝ているプレイガスを殺害し、シス・マスターの称号を手にしたのである。彼は同じことを繰り返さぬよう自分の弟子に目を光らせ、モールにはプレイガスに関する知識をほとんど教えなかった。シディアスは常に用心し、プレイガスのように迂闊に寝りにつくことさえ避けたのだった。 プレイガスは死んだが、辺境の砂漠の惑星タトゥイーンに彼の実験の成果を示す証拠が存在した。当時30歳の奴隷の女性、シミ・スカイウォーカーがアナキン・スカイウォーカーという名の男の子を出産したのである。アナキンの少年時代には謎が多いが、シミは彼の父親についてまったく知らず、やがてアナキンは歴史上最も強いフォース感知力を持つ人物として知られることになる。シディアスはいずれ彼がダース・モール以上に強力な弟子となることに期待し、彼の成長を注視し続けたのだった。. 銀河帝国設立以前、パルパティーンは注意深く自らの正体を隠し、親切で紳士的な公益の奉仕者として振る舞っていた。その際、彼は常に目立つ行為を避けるよう努め、極めて慎み深く会話した。しかし、パルパティーンの真の姿は物事を操作する術に長けた戦術家で、ナブーの侵略からクローン戦争に至るまで、銀河系で繰り広げられる無数のできごとを影から操っていた。権力の増大こそ、彼の唯一の目標だった。予期せぬできごとが発生した際も、彼は巧みに計画を修正した。 銀河皇帝になった後、パルパティーンは公に対する偽りの姿を捨て、フルタイムでシディアスとして活動するようになった。穏やかな人格から解放されたシディアスは、以前よりもサディスティックな傾向を示すようになった。彼はヨーダと戦った際、喜びのあまり高笑いを続けていた。ヴェイダーによって殺される直前には、若きルーク・スカイウォーカーを痛めつけて笑みを漏らしていた。また、シディアスはその冷酷な性格で有名だった。失態を犯した将校を容赦なく処刑することで知られたヴェイダーも、皇帝は自分よりもさらに冷酷だと考えていた。ダークサイドの術に精通していたにも関わらず、シディアスはダークサイドの主要な感情である恐怖を感じやすかった。ヨーダから強力なフォース・プッシュの攻撃を受けた際、シディアスは戦いを放棄して逃げようとしたが、ヨーダに行く手を阻まれた。 比較的保守的だったダース・ヴェイダーと異なり、シディアスはシスの教義に先進的なものを取り入れる姿勢を見せていた。ドクター・サイロが制作したサイボーグについて、ヴェイダーはフォースの教義に反する忌まわしい存在だと非難したが、シディアスはそんな弟子の考え方を否定した。シディアスはあらゆるものがフォースなのだと論じ、テクノロジー優先主義を憎悪するヴェイダーを諌めた。. 数年後、パルパティーンはナブーの元首ヴェルーナ王という難敵に直面した。両者に政治的合意はほとんどなく、彼はヴェルーナに対し、外交により積極的になるよう説得していた。結局、これは外交政策における危険な懸念を生じさせ、ついにはヴェルーナの失脚を招くことになる。パルパティーンはヴェルーナの後継者アミダラ女王が彼の有益な助言を熱心に聞いてくれると感じ、喜んだ。彼が初めてアミダラと対面したのは彼女の戴冠式のときである。その後、アミダラが銀河元老院に嘆願するためコルサントを訪れるまで、2人は一度も直接顔を合わせていなかった。 扱いやすい君主を得たパルパティーンは、予定通りに計画を実行に移した。通商連合は憤り、恐怖し、その弱い心を彼に操られていた。ヴァローラム最高議長も実質的に彼の影響下にあり、これも優位な点だった。パルパティーンは状況のあらゆる側面を掌握していたのである。ゲームは次の一手を打つべきときを迎えた。このナブー危機は他のあらゆる計画の交差点であり、共和国に最初の大きな一撃を与えることになる。 関税問題に端を発する通商連合のナブー封鎖事件は、パルパティーンを銀河政治の主役に抜擢することになる。元老院にはナブーの悲劇に対する同情だけでなく、腐敗しきった共和国を変えることができるのは彼だけだという期待感もあった。その一方で、元老院が調停のためジェダイの特使、クワイ=ガン・ジンとオビ=ワン・ケノービをナブーへ派遣すると、シディアスはニモイディアンたちに彼らの抹殺を命令する。しかし、ニモイディアンはこれに失敗し、ナブーでもアミダラ女王を取り逃がすという失態を演じたのだった。シディアスは弟子のダース・モールを投入してアミダラの捜索を行うが、彼女は元老院で故郷の惨状を訴えるべくコルサントへと逃れ、皮肉にもパルパティーンとの対面を果たすことになる。このとき彼は、アミダラの一行が途中で立ち寄ったタトゥイーンで、フォースから生まれたアナキン・スカイウォーカーを発見したことに驚きを隠せなかった。 スター ウォーズ パルパティーン ナブー問題について協議する特別議会の最中、パルパティーンはアミダラ女王に、リーダーシップを失ったヴァローラム最高議長の不信任案を動議するよう勧めた。議会は満場一致で動議を受け入れ、続く選挙にはパルパティーンの他、オルデランのベイル・アンティリーズ、マラステアのエインリー・ティームが候補者とし. 『スター・ウォーズ クローン大戦』ではエピソード3冒頭での誘拐事件の詳細が描かれ、グリーヴァス将軍はダース・シディアスとパルパティーンが同一人物とは知らなかったため、逃亡する際に艦船の窓を割り、パルパティーンを殺しかけている。.

スター ウォーズ パルパティーン

email: uvywir@gmail.com - phone:(978) 690-4988 x 5899

ニノ アナウンサー -

-> 痩せ 女 ネタバレ
-> ダズ ショップ amazon

スター ウォーズ パルパティーン -


Sitemap 1

グッバイ サマー -